さくら文庫紹介

トップページ > さくら文庫紹介

ご献本くださった本や読んだ本の中から、童話作家 深山さくらが「これは!」という珠玉の1冊を不定期にご紹介するページです。

9, 天才エジソンの秘密 母が教えた7つのルール

ヘンリー幸田 講談社


8,ささきありさんの 『おならくらげ』

第27回ひろすけ童話賞受賞に輝いた幼年童話です。自分の体から出た「もの」を愛おしく感じてしまいました。おならが「おならくらげ」になってやってきた! 子どもたちを応援する、ささきありさんの力作。ぜひ、ご一読を。フレーベル館より出ています。絵は、ザ・キャビンカンパニーさん。

ささきありさん、おめでとうございます! 「おならくらげ」で、ひろすけ童話賞を受賞されました。

授賞式に駆けつけました。受賞作「おならくらげ」を朗読している、ささきさん。堂々としていらっしゃました。

 

7,ロングセラー絵本 にほんむかしばなし 『かちかちやま』

瀬川康男 絵  松谷みよ子 文 フレーベル館

かちかちやま (日本むかし話)

 

6,金治直美さん著の ノンフィクション 『知里幸恵物語』

アイヌの「物語」を命がけで伝えた人 PHP出版

アイヌ神謡集を日本語に訳した「知里幸恵 ちりゆきえ」さんの生涯を描いたノンフィクションです。知里幸恵さんが生きたその時代は、アイヌの人たちにとってはとてもつらいものでした。困難にぶつかったときにこそ読みたい一冊。その理不尽さを跳ね返すのでは無く、受け止めながら一歩一歩前へ進んでいった知里幸恵さん。思わず涙がこぼれました。是非、ご一読を。

また、金治さんが手がけられたノンフィクション「マタギに育てられたクマ」(佼成出版社)は全国課題図書にもなっています。

知里幸恵(ちりゆきえ)物語 (PHP心のノンフィクション)

 

5,ゆきのゆみこさん 上野与志さんの ロングセラー絵 『わんぱくだんの てるてるぼうず』

ひさかたチャイルド

おなじみの「わんぱくだんシリーズ」の20作目。わんぱくだんのエピソードを取り入れた保育劇など、保育現場でも多く取り上げられています。園で知らない子がいない! といわれるくらい読まれています。大人気シリーズ。さて、今回はこの時期ならではの……そう!あの「てるてるぼうず」たちとのふれあいを描いています。ゆきのさん、上野さんが描く夢あふれる物語は、子どもたちの心を健やかに豊かに育むことでしょう。

わんぱくだんのてるてるぼうず

 

4,山本省三さん著の ノンフィクション 『深く、深く掘りすすめ!』

<ちきゅう> 世界にほこる地球深部探査船のヒミツ くもん出版

深く、深く掘りすすめ!〈ちきゅう〉: 世界にほこる地球深部探査船の秘密

 

3,山本省三さん作の 『脱走ペンギンを追いかけて』

佼成出版社 いのちいきいきシリーズ

脱走ペンギンを追いかけて (いのちいきいきシリーズ)

 

2,漆原智良さん 『天国にとどけ! ホームラン』

「東日本大震災」で被災された「千葉清英さん父子」を主人公にして「物語風」にまとめたノンフィクションである。根っことなる「丹念な取材」に大いに胸を打たれ、読後しばらく立ち上がれなかった。千葉父子は、希望ののむヨーグルト販売など乳酸業を営みながら、バッティングセンターを完成させようと困難に果敢に挑み続けるのだ。へこたれない。打たれても打たれても――。第1回児童ペン大賞を受賞した著者の、先進の感動ノンフィクションである。

天国にとどけ! ホームラン: 3.11を乗りこえて、バッティングセンターを作った父子の物語 (創作児童読物)

2016/05/17 深山

 

1,今田絵里香さん 初の児童書『春に訪れる少女』

今田さんは「プレアデス」同人。本書が初の児童書である。児童文学としてはデビュー作だが、大学で准教授を務めるなど活躍は幅広く、学術書なども出版している。だからだろうか、本書は引き込まれる面白さを十分すぎるほど持ちつつも、文章には気品があって、何か気高いものを感じるのだ。読後、タイトルの謎が解ける。今田さんは児童文芸家協会創作コンクールつばさ賞では佳作を受賞された。この先がとても楽しみな作家のお一人。ご出版おめでとうございます!

今田さん

 

 

 

 

 

 

 

春に訪れる少女 (文研じゅべにーる)

2016.5.15 深山