『大好き! おじさん文庫』文研出版

大好き!おじさん文庫表紙

いろいろなおじさんがいます。羽黒第四小学校の子どもたちは、おじさんのことを想像して描きました。

Miyama作品No.338

<タイトル>

大好き! おじさん文庫

文研ブックランド

小学中級から

ノンフィクション

作 / 深山さくら

出版社 /文研出版  編集者 / 坂田俊明さん 編集協力 / 内田直子さん

2018/9/30(平成30年)第1刷 定価 本体1,200円(税別)

 

<あらすじ>

山形県の小さな小学校に、毎月見知らぬおじさんから、「本を買ってください」とお金が届きます。

大好き!おじさん文庫裏表紙_LI

『大好き! おじさん文庫』うら表紙。金野昭治さん=小学校に42年間、名前をふせて、本代としてのお金を送り続けてくださいました。

子どもたちはそのお金で買った本が大好き。

おじさんはどんなひとだろう。

 

<編集者からひとこと>

本は知識を深めるだけでなく、人と人とのつながりや相手を思う気持ちが広がっていくものだと、

感じることができるでしょう。