『けんと めいの たべものたんけん ~おすしのまき~』がくしゅうメイト すきっぷ

 

201901すきっぷ2 (2)

ラストページでは、「おすしのはじまり」を知った、けんとめいが、どんなネタでも美味しくいただきます。知る前に気づかなかったことも、知った後では、きちんと自分の中に落とし込んで。子どもたちは成長しました。絵は、いつもお世話になっている「いとうみき」さんです。いとうさん、素敵な絵本世界を描いてくださり、ありがとうございました!

miyama作品No.341

<タイトル>

けんと めいの たべものたんけん ~おすしの まき~

作/深山さくら

絵/いとう みきさん

おはなしのページ 6場面構成

編集/小山紀子さん 永井希実さん

出版社/メイト がくしゅうメイト すきっぷ 2019年1月号 2019年1月1日発行

<みどころ>201901がくしゅうメイトすきっぷ

2018年度のおはなしのページでは、3話を担当しました。

どのお話も、主人公は、双子のきょうだい、けんくんと めいちゃんです。

食べ物のはじまりをお話仕立てで、園の子どもたちや親御さんにお伝えしているのですが、3話ともに登場するのは、「たべものだいじてん」。辞典を擬人化したキャラクターで、とっても可愛いおじいさんキャラ。担当編集者とアイデアを出しあいながら構築していきました。食べ物のはじまりを、お楽しみください。